手作りの育毛水を作る際の注意点

手作りの育毛水を作る際の注意点

薄毛改善にできる事はいろいろです。食事を改善する、適度に運動をするなど。寝起きの髪が脂っぽいという人は、育毛スカルプシャンプーなどでケアするのも有効です。

 

そして代表的な治療法は育毛剤を頭皮につける事でしょう。しかし、育毛剤がどうも自分の頭皮にしっくりこない人もいます。そこで手作りの育毛水を作るの手ですが、注意しておきたい事が複数あります。

 

パッチテストする事化粧品を使う事での肌トラブルは少なくありません。天然素材で作られているものでも、トラブルが起きる可能性は否定できません。ですから使う前にはパッチテストを行うようにしましょう。

 

新鮮な素材を使う必要性賞味期限が切れている食材を捨てるのがもったいないから、これで育毛水を作ろうと思う人もいます。しかし、食べる事が出来ないものを肌に直接つけるのは肌にトラブルが起こる原因を作る事になります。ですから、手作りの育毛水を作るのなら新鮮な素材を使うようにしましょう。その方が実際、効果も高いのです。

 

道具は清潔な状態か?手作りの育毛水を作るにあたり、育毛水を調合したり、保存する際の器具は不衛生なものは使わないようにしましょう。手作り育毛水には市販の製品のように保存料は入りません。ですから、特に注意が必要なのです。熱湯消毒してから器具を使うようにするといいでしょう。

 

保存期間に注意する生野菜などを使う場合には1日から2日ほどで使い切るようにしましょう。こまめに育毛水を作る方がいいのです。冷蔵庫で保存する時には1週間は大丈夫です。防腐剤的な働きを持つアルコールやグリセリンを入れる時には、1か月ほどは持ちます。保存容器に製造した年月日を書いておくと安心ですね。

 

育毛剤をいろいろ使ってみたけど、どうも自分の肌に合うものが無い人は、手作りの育毛水を作ってみてもいいでしょう。でも、その際には注意すべきポイントは押さえておきましょう。